唇の端が切れた場合の対処は? 

寒くなってくると乾燥で身体のあちこちがカサカサ…気になりますよね〜!
身体のパーツの中でも唇は、水分を抱え込む角質層が薄い上に、皮脂を分泌する皮脂腺がないため荒れやすい大変でデリケートなのです。

 

季節は食欲の秋、おいしい旬の食材が目白押しですね。

 

おいしいものにぱくり!

 

…その瞬間、唇の端がちりっと痛い!
何事かと鏡を見てみると唇の端が切れてるッ!?

 

そんな経験、誰でもあると思います。
唇の端が切れると、口をあければ痛いし、しみるし、気になるし、つらいですよね。

 

スポンサーリンク

 

唇が切れる原因としては、もちろん乾燥も考えられますが、他にもビタミンや鉄分不足、ストレス、胃腸の乱れ、はたまた口角炎という病気の可能性もあるのです。  

 

口の周りにきびや吹き出物が出来るのは、内臓が荒れているからだとよく言われますが、肌の表面に現れる不調は身体のSOSサインです。

 

原因を知って、正しく対処することが大切です。

 

もし、乾燥が原因であれば、こまめに保湿すると改善されますが、そうでない場合は、ビタミンや鉄分不足、暴飲暴食などによる胃腸の乱れ、ストレスなどが考えられます。

 

そんな時は、一度、自分の生活習慣を見直してみましょう。

 

食事はどうでしょう?
睡眠はきちんと摂っていますか?

 

ビタミンや鉄分は食べ物から摂取するのが理想的ですが、それが難しいようならサプリメントなどで補うのも一つの手です。

 

もし、いくらやっても改善されない場合は、口角炎という皮膚疾患の可能性が潜んでいるかもしれません。

 

原因としては、ドライマウス、ビタミン不足、免疫力の低下などが考えられますが、一度、皮膚科で診察してもらうことをオススメします。
素人の判断でつきにくいこもありますから、医師に診てもらって薬などで処方してもらったほうが、確実に治ると思いますから。

 

口元は人の目に触れるところですし、気になりますよね。なんとか早く治したいものですが、正しい対処をしなければ余計に悪化してしまうこともまた事実です。

 

身体のサインに耳を澄まして正しい対処をしましょう。

スポンサーリンク


唇の端が切れた場合の対処は?関連ページ

唇の荒れを予防する
荒れた唇はカサカサで周囲の視線が気になります。荒れた時のケアには、リップクリームやワセリン、はちみつ、パックなどの方法があります。当サイトでは、原因やケア方法を丁寧に解説します。 ドキっとさせるプルプルな美唇を!
保湿たっぷりを!
荒れた唇はカサカサで周囲の視線が気になります。荒れた時のケアには、リップクリームやワセリン、はちみつ、パックなどの方法があります。当サイトでは、原因やケア方法を丁寧に解説します。 ドキっとさせるプルプルな美唇を!
使う薬は?
荒れた唇はカサカサで周囲の視線が気になります。荒れた時のケアには、リップクリームやワセリン、はちみつ、パックなどの方法があります。当サイトでは、原因やケア方法を丁寧に解説します。 ドキっとさせるプルプルな美唇を!
マッサージケア
荒れた唇はカサカサで周囲の視線が気になります。荒れた時のケアには、リップクリームやワセリン、はちみつ、パックなどの方法があります。当サイトでは、原因やケア方法を丁寧に解説します。 ドキっとさせるプルプルな美唇を!
ビタミンB2で!
荒れた唇はカサカサで周囲の視線が気になります。荒れた時のケアには、リップクリームやワセリン、はちみつ、パックなどの方法があります。当サイトでは、原因やケア方法を丁寧に解説します。 ドキっとさせるプルプルな美唇を!
男性必見!唇、見られてる?
美容に疎い男性の唇はどうしてもカサカサになりやすいです。人の印象を上げるためにも唇のケアは大切です。このページでは、男性でもできるケア方法を紹介しています。