荒れた唇をラップでパックケア

寒い季節にはリップクリームが欠かせない、常に持ってお出かけをしている人も多いでしょう。それほど寒い季節というのは、空気が乾燥しやすくお肌だけでなく唇も荒れてしまいますよね?

 

想像以上に荒れてくると、ついついしてしまう癖というのは唇をなめるしぐさ。
これは誰しもやったことがあることと思います。

 

唇を無意識になめてばかりすると、余計に唇が乾燥してしまうので逆効果となってしまいます。

 

ですから、唇をなめて潤すのではなく、ラップで唇パックによるケアを行ってみてください。

 

スポンサーリンク

 

ラップで唇パックケアの方法

ラップも料理を保存しておく時に使われるものですが、どの家庭にもあるものなので簡単にケアができると思います。

 

唇パックというと何か専用のパックを購入しなくてはいけないのかと思うかもしれませんが、サランラップで十分です。

 

方法はいたって簡単です。
まずリップクリームを唇にたっぷりと塗り、上からラップを乗せて5分ほど置いてください。
そして、5分置いた後はそれを剥がせば、リップの成分がしっかりと浸透していき、プルプルな唇を手に入れられます。

 

より効果を実感したいのであれば、荒れた唇をラップでパックケアした後に、蒸しタオルを5分ほどあてておくといいでしょう。
このパックケアと蒸しタオルの相乗効果により、保湿力も高くなって浸透しやすくなります。

 

それだけで簡単にパックができるのです。

 

唇パックのケアでプルプルになれば乾燥の時期でも安心ですし、ケアの仕方も簡単ですので肌の手入れと一緒にできます。

 

ちなみに、ラップでパックケアする際にリップクリーム以外にはちみつなどを塗ってケアをするのも効果的です。
はちみつにはビタミンBが多く含まれており、それが保湿力を補ってくれる働きがあるのです。

 

荒れた唇をラップでパックケアする際には、はちみつを塗ればより効果を与えてくれるので、ぜひ、試してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク


荒れた唇をラップでパックケア関連ページ

はちみつパック
荒れた唇はカサカサで周囲の視線が気になります。荒れた時のケアには、リップクリームやワセリン、はちみつ、パックなどの方法があります。当サイトでは、原因やケア方法を丁寧に解説します。 ドキっとさせるプルプルな美唇を!
ワセリン
荒れた唇はカサカサで周囲の視線が気になります。荒れた時のケアには、リップクリームやワセリン、はちみつ、パックなどの方法があります。当サイトでは、原因やケア方法を丁寧に解説します。 ドキっとさせるプルプルな美唇を!
美容液でケアを!
荒れた唇はカサカサで周囲の視線が気になります。荒れた時のケアには、リップクリームやワセリン、はちみつ、パックなどの方法があります。当サイトでは、原因やケア方法を丁寧に解説します。 ドキっとさせるプルプルな美唇を!
効果的なクリーム
荒れた唇はカサカサで周囲の視線が気になります。荒れた時のケアには、リップクリームやワセリン、はちみつ、パックなどの方法があります。当サイトでは、原因やケア方法を丁寧に解説します。 ドキっとさせるプルプルな美唇を!
オリーブオイルでパックを
荒れた唇はカサカサで周囲の視線が気になります。荒れた時のケアには、リップクリームやワセリン、はちみつ、パックなどの方法があります。当サイトでは、原因やケア方法を丁寧に解説します。 ドキっとさせるプルプルな美唇を!
炭酸化粧水で唇の荒れがキレイに?
炭酸化粧水が今人気ですね。美しい肌を作るのに血行促進の効果があるからですが、荒れた唇でも使えるのでしょうか?当ページでは、炭酸化粧水で唇の荒れケアについて説明しています。