紫外線が原因で唇が荒れることも?

唇が荒れる原因が、乾燥だけにあると思っている人はたくさんいます。
もちろん、乾燥は唇に限らず様々な肌トラブルの原因になります。

 

しかし、唇の荒れの原因は、紫外線にもあるのです。
頬や額、手足の紫外線防止対策には気を配っていても、案外、唇への対策を忘れている部分があります。

 

 

目や唇、髪なども、UV対策を何もしていなければ、当然のことながら紫外線にもろにさらされます。
髪にはUV用のヘアスプレー、目にはUV対策の目薬が発売されていますが、最近では唇のUV対策商品が登場しました。

 

 

唇の荒れの原因が、紫外線にもあるためです。

 

 

紫外線を大量に浴びると、乾燥を引き起こします。
唇が乾燥すると、皮がむけてはがすと血が出たりカサブタのようになったりしますよね。

 

 

乾燥によりカサカサした唇は自分でも気になりますが、見た目にも目立つものです。
せっかくきれいにメイクをしても、唇が荒れていては魅力が半減してしまいます。

 

 

日頃からなるべく紫外線を防いで保湿を心がけ、唇のつやを保つようにしましょう。

 

 

唇の紫外線を防ぐことで得られるメリットは、唇の荒らさないことだけではありません。

 

 

紫外線を浴びると、体内で一部分だけにとどまっているわけではないのです。
UV対策をしていない唇から体内に浸透した紫外線は、肌にも達してしまいます。

 

 

つまり、唇にも日焼け止めをしておかないと、唇が荒れるだけでは済まずに頬のシミなどにつながってしまう可能性が大いにあるということです。
唇の荒れの原因が紫外線にあるということは、唇が荒れていたら肌荒れにも注意したほうがよいかもしれません。

スポンサーリンク